巨椋鴻之介さんを偲ぶ、その3。いつまでも詰将棋を語り合っていたかった。