巨椋鴻之介さんを偲ぶ、その1。