やなせ先生のマンガや詩は、ときにシュール過ぎてついていけないこともあったけど、どれもあふれんばかりの愛に満ちていました。自分の顔を分け与えるヒーローなんて、世界広しといえどやなせ先生にしか生み出せません。