藤色のパーツを写真のように分割し、肘関節を塗装後に組み付けられるようにしました。また紺色のパーツをこの後はめ込むために、現物あわせでカットしていきます