ゴラン高原⑤街の家屋は殆どが破壊されているが、キリスト教教会は無事であった。そこに手を出さない配慮はあるのだなと感心したが、逆に一般家屋の徹底した破壊ぶりとのギャップが見ている者の気持ちを一層複雑にさせる #2010年のシリア