カメラロールに保存した覚えのない高倉健が