冬の淡い水色の空に、裸木の枝が脈々と伸びているのを見るのが好き。冬は自然の中に色が少なくなっていくけれども、この微妙な色合いを眺めていると、静かに思索が始まりそうな感じがする。