セカンドセット、
ギルバートオサリバン、Hello again
に続き、ビリーバンバン、さよならをするために。
#本園太郎のタイムマシーン #1972