お堀のうえを歩いて渡れそうなほど、水面が桜絨毯に覆われていた。