小説はちとお腹イッパイだから、三橋貴明・渡邉哲也両氏の最新共著を読むことにした。