FitEar TO GO! 334のシェル製作風景。嘘のようですが、ユニバーサルタイプなのに一個ずつ手作業です。カスタムと違い、一人ひとり形状が違うことは無いのがせめてもの救い(アンド価格抑制要素)か。