筆者自らが小説のフライヤーを配っておる!