スペックシートだけでは実感がわかないので、もうちょっと身近な例でたとえてみる。どっちが凄い、のではなくて、どちらがかけても駄目なのです。