また次回作もフランスで出版してもらえるように頑張ります。そしてまた、ジャパンタッチに呼んでもらえるように。