目黒雅敘園だん、築75年の百段階段と華道…どうなんだろう?先生は少し女々しいが、力強い生け花ではあった、しかし鏑木清方の絵が、修復が必要なほど傷んでいたのは残念だった。