6巻表紙にメンバーが足りない気がしたが、そんなことはなかった。 むしろ詰め込みすぎである。