結局パーキングエリアではこれに落ち着いてしまう自分が、情けないけどキライじゃない。